騒音トラブルは区分所有権が使える?

迷惑な近隣住民や入居者を追い出したいと考えているけど、どうすればいいのか分からないという方はぜひ参考にしましょう。

近隣トラブルを警察に相談しても、住民同士で危害を加えたりしていたり、器物損壊などの被害がなければ民事不介入として取り締まってもらえないため、裁判などで解決するというケースも多いそうです。

不動産投資を持っているなら、騒音や悪臭などのトラブルに遭遇する事があるかもしれませんが、区分所有法の57条から60条で規定されているため、組合で過半数の決議を取って行為の停止を訴えたりできるそうです。

それでも解決しなかったら、決議を取って使用禁止の為の裁判を起こして使用禁止させる事ができるそうですが、それでもダメなら競売という方法で物件を競売する事もできるとの事ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る