隣地との境界について

家を買って引っ越してきたときに隣と境界を巡ってトラブルになってしまうといったことがあります。境界を示す標識がはっきりとしていれば問題はなさそうですが、境界線上に2本の杭があってそれを結べばそれが境界になります。

また、土地を買ったときに売買契約書や実測図があればそれが客観的な資料となります。それを参照してもはっきりと結論が出ない場合にはお互いが納得をするまで話し合いを行うことになります。

境界線が確定したら当事者の立会いの下で再度境界表をうつということになります。話し合いが付かない場合には所有権の確認をする裁判を行う方法となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る