交通違反逃れは許されるのか

1ヶ月間校則違反の反則金を納めず採算の呼び出しにも応じない悪質な違反者に対し、道交法違反容疑で逮捕状を一斉執行すると発表しています。

2016年の時点での逮捕予定者は23~59歳の男女が26人で系計33件の違反となっており、違反嗚内やくは携帯電話の使用11件、速度超過7件、一時停止6件、信号無視5件など年齢別の内約は40代が9人と最も多く次いで30代が7人となっているといった内容です。

交通変則通告制度とは一時不停止、駐車違反、通行禁止違反、30キロメートル/H未満の速度違反、信号無視などの軽微な交通違反をした場合には一定期日までに反則金を納付すれば刑事処分されないという制度です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る