冤罪DVについて

子供をつれて別居した妻が離婚の理由として裁判で音からDVを受けたと嘘の首長をすることをいいますが、近年であDVを認めないケースも存在しています。
冤罪を晴らした夫アかつての痴漢冤罪と同じで女性の言い分がそのまま認められがちであると指摘しています。

専門家からは裁判や行政手続きを有利に運ぶために虚偽の主張もおこなっている可能性があると指摘されています。

関東地方の40代男性は暴力をふるわれたと主張され40代の妻から慰謝料などを主張されましたが、妻が撮影日や撮影場所を後になって訂正したり、あいまいな発言をしたりなどから主張を棄却しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る