退職勧奨の相談について

経営の状況が悪いといったときや年齢の問題など「辞めてくれないか」と退職の勧告をされた場合、その場合に労働者は退職勧奨に応じなければならないのかといった内容の動画です。
答えとしては応じる必要は内音のことです。

雇用は労働契約というのが成立していますが、その労働契約を解除するのは労使双方ともできますが、それに応じるかはどうかはお互いの同意によります。

「辞めてくれないか」といわれたときにそれが退職勧奨であるのか解雇であるのかは慎重に見極める必要があります。退職勧奨を個田割ることは自由ですが、そのあとで解雇に発展する可能性はあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る