ペットを捨てる、拾うと犯罪

警察署に届けられた捨て猫の保護を動物保護管理センターに依頼した署員に対して支所長が逃がして下さいと遺棄をそそのかし署員が子猫を遺棄したとして2人が書類送検されるということがありました。

動物愛護管理法代44条には愛護動物をみだりに傷つけたものには2年以下の懲役又はは200万以下の罰金、遺棄したものは100万円以下の罰金となります。
 
またペットを拾っても犯罪になってしまう可能性もあります。これは遺失物等横領罪で1年以下の懲役または10万円以下の罰金に科せられてしまう可能性がありますので、注意がひつようとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る