離婚調停は家庭裁判所をつかいますので、裁判を意識してしまいますが、普通のイメージされている裁判は法定で検察官と弁護人が弁護しているといったイメージとは全く違っています。

家庭裁判所という裁判所をつかいますが、実際に離婚調停で使うのは会議室のような部屋を使用します。そこにある程度社会経験のある調停員、そして裁判官が調停委員会を結成し、離婚の仲裁をして離婚をしたり、夫婦関係を修復したりします。

ですので、裁判のように白黒をはっきりつけるという裁判ではありません。
離婚調停はどこまでなら許すことが出来るか、妥協できる課などを話し合い、調停をしていく裁判です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る