事故物件の見分け方

事故物件を見分ける方法としては買ったり借りたりする前に不動産業者が重要事項説明をおこないますので、その時に告知事項のところに事故があった、なかったということが伝えられます。

しかし、通常であれば告知しなければいけない事故物件であって告知しないといったことも多くあります。その理由として告知事項をしなければいけない明確な基準がないということがあります。

そういって事故物件を買って裁判トラブルになってしまったというのがありますので、不動産業者も手探りになってしまっているというのがあります。
それを見分けるにはあらかじめ不動産屋さんに聞くということがよさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る