占い師の適正がある人はどんな人?

占い師は特別な能力がないとなれないと思っている方も多いですが、いろんな職業同様、きちんと勉強すれば誰でもなれるお仕事です。
ただし、占い師に向いている人というのは存在していますので、今回はどんな人が占い師としての適性が高いかをご紹介したいと思います。

まず人の話を上手に聞ける人となります。占い師は人の悩みを聞いてアドバイスを与えるお仕事です。
その人の悩みがどんな内容であっても、根気よく話を聞く必要があります。中には「こんな話は聞きたくないな」というようなとことんネガティブな話もありますが、そういう話もしっかりと聞いて、相談者の気持ちを汲み取っていく必要があるのです。
また時には「自分はこう思う」というような感情的な考えを抱くこともあると思いますが、そういった言葉は相談者にとって不要なものです。言いたいことがあっても占いの結果に関係ないようなことはグッと飲み込める人が向いているでしょう。

またどんな占いにも、カンの鋭さは必須です。このカンというのは一般的に直感などの第六感のことを指します。
カンが鋭ければ鋭いほど占いの的中率もあがります。また霊能力がある人は霊感を高めていくと、さらに的中率の高い占いをすることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る