ホロスコープのインターセプトとはどんな状態?

ホロスコープではサインが何らかのハウスの中に入っていますが、一つのハウスに一つのサインが入っている状態をインターセプトといいます。

インターセプトとは狭在星座とも呼ばれていて、大体2割くらいの人のホロスコープに表れるので、ホロスコープにインターセプトがない人も多いのです。

インターセプトがあるハウスは、サインが力を発揮して表に出るまでに時間がかかる遅咲きの傾向があり、自分自身の人生にとって大切な事柄ではありますが、自覚しづらく苦手意識を持ちやすいと感じる人も多いでしょう。

1ハウスと7ハウスがインターセプトだと人間関係で苦手意識を感じやすく、2ハウスと8ハウスがインターセプトだったら自分の才能を開花させるのに時間がかかりやすいのです。

インターセプトを読み解く事により、自分自身の課題について知る事ができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る