ホロスコープで分かる適職とは?

自分自身のホロスコープを見れば適職が分かると言われていますよ。

ホロスコープのハウスを見て、2ハウスは金運を司っていますが、2ハウスに天体が多い人はフリーランスで自分自身の才能を活かせる仕事で活躍できるでしょう。

6ハウスは労働を司っていますが、6ハウスに天体が多い人は会社勤めや医療など人を癒す仕事で才能を発揮できるでしょう。

10ハウスは天職や社会的地位を司るため、10ハウスに天体が多い人は社会で活躍できる仕事が適職だと言えるでしょう。

これらのハウスに天体が入っていない人は、仕事はそこまで重要ではないという意味になるのです。

ハウスに入っているサインからも適職のヒントが得られますし、ホロスコープはあくまでも参考程度に考えて自分が活躍できる仕事を探してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る